マニタスから離れたホセがJose Reyes y Los Reyes結成。ジプシーキングスのルーツとなる

1963年の世界デビュー以来、マニタスは精力的にアルバムを発表していきました。
それらのすべてのアルバムにホセは参加していましたが、1974年になって、ホセはマニタスをゲストに迎え、自分の息子達、ポール(Paul)、カヌー(Canut)、パチャイ(Patchai)、ニコラ(Nicolas)を従え、初のリーダー・アルバム、Jose Reyes e Los Reyes 「Sombre de Noche」 を発表しました。

それが契機になったのでしょうか。1975年のマニタスのアルバム 「Libres Como el Viento」 を最後に、ホセはマニタスと袂を分かつことになりました。
これまでにマニタスとホセの残したアルバムは、世界デビュー以来、ゆうに20枚を超えています。一説には、マニタスが次第に、自分の兄弟や息子や甥達を重用し始めたために、ホセが離れたとも言われています。

独立したホセは、上述の息子達と娘婿のチコ(Chico)を加えてJose Reyes e Los Reyes を正式に立ち上げ、1977年に 「Gitan Poete」 を発表しました。
マニタスの音とは違って、よりポップ色の強い音楽路線を進むことになります。

これが現在のジプシー・キングスのルーツとなりました。

ホセは、続いて1978年にもアルバム 「L'amour d'un jour」 を発表しましたが、1979年に肺がんのため、この世を去ることとなりました。享年51歳。

ジプシールンバって何?【5】アート or エンターテイメント?

ジプシールンバって何?【5】アート or エンターテイメント?

サントマリー・ド・ラ・メールで新たな出会いを

サントマリー・ド・ラ・メールで新たな出会いを

Gipsy Kings アルバムリスト

Gipsy Kingsアルバム早わかりリスト

ジプキンワールドへのいざない【3】Gipsy Kingsにまつわるガセネタを斬る!後編

ジプキンワールドへのいざない【3】Gipsy Kingsにまつわるガセネタを斬る!後編

ギターの名手、マニタス・デ・プラタと歌の名手ホセ・レイエスの出会い

ギターの名手、マニタス・デ・プラタと歌の名手ホセ・レイエスの出会い