横浜ホッチポッチミュージックフェスティバル2018に出演しました!

先日10/14(日)、横浜で開催されたホッチポッチミュージックフェスティバルに出演してきました!

ホッチポッチとは「ごちゃまぜ」がコンセプトのフェスティバル。
老若男女、国籍やハンデのあるなしこだわらず、誰もが参加して楽しむことができる音楽フェスとして今年で10回目を迎えるそうです。

実は去年も同イベントに参加予定だったのですが、あいにくの雨天でステージが中止に。
今年も直前まで微妙な天気でしたが、なんとか回復して、結果的にすばらしい秋空のもとで開催することができました。

我々Gipsy Grooveは久しぶりのストリートライブということで楽しみにしておりました。

当日、出演者控室は歴史ある建物「横浜市開港記念会館」の中。

我々の出番の前はマッチョな筋肉の人たちでした。

パフォーマンスすごかったです。

さて、出番の時間となりスタンバッておりましたが、どういうわけかスタッフの方から「もう少し待ってください」との通達が。
実は同じストリートにもう一つ別のステージがあり、そこのパフォーマンスが終わってから我々の出番となるようです。
時間が押していて、予定の時間になっても始められないという事態になってしまいました。

しかし音量を絞って「サウンドチェック」ということであればOKとのこと。
そんなわけでほぼ本番と同じ状況ながら「公開リハ」を決行!

1曲やってもまだスタートできない状態だったので、構わずそのまま2−3曲続けました。
音量しぼっているとはいえ周囲には聞こえるボリュームだったので、すでに周りは人だかりができておりました。

さて、ようやくもう一つのステージが終了したようで、いよいよこちらの本番!
会場のアナウンスがかかり、スピーカのボリュームも大きくなり、一層注目が集まります。

公開リハと同じノリでまずは1曲目スタート。

演奏始めるやいなや、太陽を覆っていた雲が吹き飛び急に日差しが強くなってきました^^

おなじみのVolareを演奏するとますます人だかりが増えました。この気候に完全にマッチした曲です。

その後MarioのInspirationでお客さんの目の前で演奏。

ワイヤレス電波が届かず、あまり遠くまで行けませんでした。


音を聞きつけてどんどん人が集まってきます。


Rioのダンスにつられて踊り出す人続出。

最後はおなじみのGGオリジナル曲「Vuela」でシメ。

親指と小指と人差し指を立てるホッチポッチのおきまりのポーズがあり、それを取り入れました♪♪


横浜の大空に向かってみんなでブエラ!!

天気も気持ちよく、参加しているすべての人が笑顔になれるすばらしいイベントだったと思います。
また来年もお声がかかればぜひ参加したいと思います!!